fc2ブログ
プロフィール

☆ゆげ☆

Author:☆ゆげ☆
2002年 双子を出産
2007年 天津に引越し
家族4人で楽しく生活しています

ランキングに参加しています。
一押しよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村 子育てブログ 双子へ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
最近読んだ本に胎内記憶のことが書いてありました。


胎内記憶とは・・・
子供がお母さんのお腹の中にいたときの記憶



これは子供が物心をつく前に聞くのが原則。
色々なことがわかり始めてから聞くと自分で作った話をしたり
色をつけて話したりすることがあるからと言うのが理由。


私は以前、わが子にもこれを聞いたとがあります。
時期は迷ったのだけれどこちらの言っていることがわかり始めた頃、
かつ、自分の話が理解できて話せる頃がいいらしい。

要するにちゃんとお話できるときではなく
会話がなんとなく成り立つかどうかの頃がいいのかな~。

ということで家の子供は言葉が出るのが遅かったので
宇宙語から脱するかどうかという時期にききました。


私 「Aくん、お母さんのお腹の中にいたときどんなだった?」

Aくん 「おみずがあったの。とってもせまかったの。」

私 「Bくん、お母さんのお腹の中のこと覚えてる?」

Bくん 「おとなりにAくんがいた。せまかった。」



私、

「おぉ~、お腹の中に水があるってわかってたんだ~!」

と知り、鳥肌が立ったのを覚えています


だって、いろんな方からの情報で子供が胎内記憶のことを話すって聞いたりしていたけれど
本当にきいたことがなかったから。
まさか我が子が目の前で話すとは思ってなかったよ。

そのときのビデオを撮っていたらよかったのですが撮り忘れてしまったのがちょっと残念。

家の子供たちの場合に限って言えばお水より「狭かった」ってことが
印象に残る記憶のようですが・・・。


もし今、その時期のお子さんを持つお母さんがいたら聞いてみると面白いと思います。

今しかできない子供との思い出を一つ増やせるかもしれませんよ


AUT_2329.jpg











にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



双子 | 【2009-11-20(Fri) 19:59:18】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]