プロフィール

☆ゆげ☆

Author:☆ゆげ☆
2002年 双子を出産
2007年 天津に引越し
家族4人で楽しく生活しています

ランキングに参加しています。
一押しよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村 子育てブログ 双子へ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

海南島に行くのに私たちは 天津⇔三亜 便を使いました。

天津⇔三亜は1日1本だと思います。
天津三亜が17時20分発、
三亜天津は夜21時50分発です。
時間は3時間半かかります。 

この便、当たり前ですが三亜へ着いた飛行機が折り返し天津へ戻ってきます。
そして時間がずれることも多いらしい・・・。

聞いてはいましたが私たちも3時間遅れの飛行でしたガーン
まぁ、私たちは行きだったので到着時間が遅れても夜中の12時前には着いたのですが、
天津へ来る人はきっと大変だったんでしょうね。
(予想到着時刻 AM4時半

遅れることがよくあると聞いていたので念のため「おにぎり持参おにぎり
これがよかったぁ~
一応、遅れたお詫びにいただいたマフィンも美味しかったですけどね。
DSC09398.jpg
お水もいただいたのですがこれは重くって。

空港内で飛行機を待っている間、
子供たちは飽きることなく本を読んでいてくれたので助かりました。
そう、この本も日本から隠して持ってきていたものでこの日が始めて見た本だったんです。
2人でとっかえひっかえじっくりと4時間も読んでくれました(笑)

子供たちは飛行機に乗ったら秒殺で眠りに落ちてました
普段7時~7時半に眠る息子達ですので8時半ともなればもう寝るしかないわけで。
中国系の飛行機での国内移動、ヘッドフォンで音楽が聴けるわけでもなく
聞けても中国語だしね。
子供たちにはこの夜便、助かりました

三亜からホテルまでの移動はタクシーです。
客引きがいっぱいいてツアー客以外だとわかると何人も寄ってきます。
「どこのホテル?」から始まり勝手に値段交渉をしてきます。
普通のタクシーもいますが時間が遅かったからか運転手が乗っていませんでしたがーん
なので値段交渉。
事前に入手しておいた情報金額と深夜料金、国慶節ということでプラスの値段を考えて
自分達の納得のいくお値段で成立した運転手さんの車に乗りました。
亜龍湾まで昼間普通のタクシーで80~90元くらいだそうです。
私たちは100元で乗せてもらいました。
国慶節値段を考えればこれくらいでいいかな。

車に乗ると新車でした
ってまぁ、そりゃどうでもいいのですが
「明日からはどうするんだ」とか
「ホテル近くは色んな者の値段が高いから果物屋によるか」とか
なんとかして儲けたいようでした。
が、なにせ時間が時間、とにかく早くホテルに行ってくれ!と頼み
世間話をしながらホテルに向かいました。


帰りはお買い物と食事をしてから空港へ。
ここでもタクシーを使います。

荷物があったので時間でチャーターして・・・と交渉しましたが
皆国慶節なので100元以上のプラスを言ってきました。
なので結局メーターを倒してもらって、やはり国慶節値段をプラスして支払いました。
この時にとても良い運転手さんと出会えました。
ひっさしぶりに聞く普通語でした。
というのもこの運転手さん、山東省の方だったんです。
リサーチしていったお店の中から美味しいお店を教えてもらったり
お買い物はどこがいいかとか親切に教えてくれました。

空港まで送ってくれた運転手さんも普通の人だったのですが
私を絶対に中国人だと言ってきかなかったアップロードファイル

私、中国に来て初めて中国人に間違えられました・・・どよ~ん

まぁ、ちゃんと目的地まで連れて行ってくれればそのくらい別にいいですけどね。

ちなみに国慶節値段なしで
亜龍湾から市街地まで30元くらい、市街地から空港まで30元前後です。

帰りの飛行機は定刻どおりの出発、到着でしたホッ ほっ
元々遅い時間なので子供たちは飛行機に乗ると同時に爆睡
それに帰りの日はぎりぎりまでプールと海で遊んでいたので疲れもあったんでしょうね。
親の作戦勝ちもあったかな~。

三亜での移動はあまりしなかったのでタクシーもほとんど使っていません。
なので使用した範囲での記載です。

今回三亜で感じたのはタクシーの運ちゃんには自分の意思をちゃんと伝えなければ・・・ということ。
メーターを倒して乗せてもらってもあちこちに連れて行きたがります。
もしかしたら連れて行った先のお店でマージンがもらえるのかも・・・
と思わざるを得ない状況でした
メーターを倒したがらない運ちゃんもいるのでその辺はやはり交渉が必要です。
これは国慶節や春節だからこうなのか普段でもそうなのかわかりません。
また、客引きが多いのでちょっと気をつけたほうがいいかもしれませんね。

DSC09130.jpg sanya1.jpg









にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


中国国内旅行 | 【2009-10-03(Sat) 10:34:29】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

 

おにぎりを持参するの、大正解ですね!
我が家もそうすればよかった…(日本への帰国便遅れて、お腹空いてすいてしょうがなかったの…)

観光地だと中国語を話せる外国人は一層少ないですものね~、きっとキレイな発音に中国人だと間違われたのでしょう~☆
【2009-10-07(Wed) 12:32:40】 | URL | りょう #xRS1q4qQ | [編集]
我が家はいつでもどこでもおにぎり持参が多いです。
公園でもおにぎり持っていけばその場しのぎはできるので^^;
日本行きの飛行機も遅れたんですね。お疲れ様でした。
中国語、私は話せないですよ。
たぶん、顔で判断されたの。ちょっと悔しいよ~。
【2009-10-08(Thu) 20:05:20】 | URL | ☆ゆげ☆ #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。