プロフィール

☆ゆげ☆

Author:☆ゆげ☆
2002年 双子を出産
2007年 天津に引越し
家族4人で楽しく生活しています

ランキングに参加しています。
一押しよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村 子育てブログ 双子へ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

「京劇」を見てきました。
しかも少しだけでしたが「変面」も見れちゃいました

久しぶりに見た生舞台。
本来の何分の一の長さであろう短さの舞台でも素晴らしさは伝わってきました。
なんていうのか・・・舞台好きの血が騒いだというか
始まった瞬間、鳥肌が立ちました

もっと集中してみたかったのですが今日は集中できず
撮影OKだったもので
ついつい「一応写真に残しておこう!」
な~んていう考えの下、写真のシャッターを押しちゃった
これじゃぁねぇ、違反よねって思いながらもこんなことできる演劇は今しかない!
なんて思っちゃいまして。

そんなことしながらでも感動しながら見てました。
人の動き、声、音楽、全てが重なって一つの物語が出来上がる・・・
う~ん、やっぱりいいですね~
生の音楽(リズム)ってなんでこんなに響くのだろう・・・

また「変面」ではどうやってあんなに素早く面を変えられるのか・・・
役者さんが出てきた瞬間に引き込まれました。


実はワタクシ、京劇を見たのは今回が初めて。
「京劇」「変面」は中国の伝統演劇なので一度は見てみたいと思っていたのですが。
かれこれ数年間天津で暮らしているにもかかわらず行く機会に恵まれず・・・

ではなくって、子供達が一緒だと落ち着いて見れないかな~なんて勝手に思っていたので。


今回は学校の行事の一環として行われた「京劇」を見ました。
なので当然、子供達も見たわけです。

授業後の行事だったので帰宅時間は5時半過ぎ。
真っ暗の中、帰ってきた子供たちは家に入るなり「京劇」一色!

手を洗いながら、うがいをしながら、
宿題をしながら、夕食を食べながら・・・

ありとあらゆる会話が「京劇」でした

彼らもまた誰に似たのかとっても気に入ったらしい
目をきらきらと輝かせながらこんなに素晴らしかった、と言うことを
たくさんたくさん話してくれました


そして眠る前に一言、

「お母さん、今度、京劇を見に連れて行ってね

よくぞ言ってくれました

私も行きたかったのよ~

「連れて行きますともおとなしくしていられるんだったらね・・・」

と、子供が寝た後、小さ~な声でささやいておきました。

だって本物は時間がもっともっと長いからね。
もう少し子供たちの様子を見て大丈夫そうだったら行ってみたいと思ってます^^

DSC09589.jpg

DSC09595.jpg DSC09598.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村



子供たちの年齢でも舞台のよさって十分わかるんですね。

私も昔々、母に連れられ3歳頃から歌舞伎を見に行ってましたけど・・・
よさがわかったのかどうか。
そのとき親に話した記憶がないのが残念!
ただ生の舞台を見て聞いて、どんどん好きにはなっていったことは確か。


今、私が母親になってからは・・・
京劇に限らず、オーケストラ、ピアノリサイタルをはじめとした生の音楽鑑賞、
歌舞伎、演劇、宝塚歌劇団、
ミュージカル(子供向けのものは見に行きましたけどね)etc.
そういった類のものは子供が産まれてから全て封印してきました。

だって、周りの人に迷惑をかけたら嫌だし、
私自身も落ち着いて見れないとその中に入り込めないしね。
子供を預かってくれる環境があれば行きたかったんだけれど
たいていこの類のものは夜の公演が多かったので
どうしても無理だったんです。


私の母ってチャレンジャーだった、というのかなんというのか。
私が母になって思ったのはそんなことでした。

でも母親がそうやって色々なものを見せてくれたおかげで
私の視野が広がったのは確かでして・・・
本当に感謝しています。

なのに、今度は私が母親になって子供にそういったことを一切してあげていない。
「行けない」って思っているのは私だけ?
これってやっぱり、私の勇気がないのかな。


今日も幼稚園の妹さんを連れて鑑賞されている方がいました。
そのお子さん、本当におとなしくって。
一瞬、その場にいたことを忘れてしまうくらい。
お利口にできる子はできるんですよね。
そのお子さんにもそのお母さんにも感心してしましました。
そして私もそうありたいなと・・・。


そろそろ家の子供たちを信じてもう少し広い世界を見せてあげたほうがいいのかもしれないな・・・
そう感じた夕方の出来事でした。

毎日普通に生活をしていて子供たちに気づかされることってとても多い。
無理とは決め付けずルールを決めて色んなことに挑戦させなければいけない・・・
ちょっと反省した夜でもありました。

あぁ~、子育てって本当に難しいですね。
そして日々勉強です^^;


スポンサーサイト
生活 | 【2009-11-11(Wed) 21:43:39】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

 

京劇、私もまだ見たことがなく、いつか絶対。。。!!と思ってます。☆ゆげ☆さんとお子さんたちの感想を読んだら、ますます行きたくなりました~v-355
【2009-11-13(Fri) 12:42:49】 | URL | ☆なっぱ☆ #- | [編集]
うちの子供たちはとっても気に入ったようです。
鑑賞しただけでは内容まではわかっていなかったかもしれませんがちょっとした説明書きを事前にもらっており読んでいたのでたぶんお話を理解できたのだと思います。
お勧めはやはり変面です!
ぜひ本物を見てみてください。
私もいつか行きたいです^^
【2009-11-15(Sun) 17:47:42】 | URL | ☆ゆげ☆ #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。