プロフィール

☆ゆげ☆

Author:☆ゆげ☆
2002年 双子を出産
2007年 天津に引越し
家族4人で楽しく生活しています

ランキングに参加しています。
一押しよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村 子育てブログ 双子へ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

なんだかだらだらと長引いている今回の旅行記(もどき)。

今日は子供たちが楽しみにしていた「東北虎林園」のことを書こうと思います。



ここは中国版虎だけのサファリパークといったところでしょうか。

DSC00021.jpg


園内面積は1.47平方km?で、

放し飼いにされている東北虎を柵の付いているバスに乗りながら観察することが出来る。

世界最大級の東北虎の保護、育成施設といわれている。

生きた動物を与え(有料ですが動物を選び虎に与えることができます)食する場面を間近で見ることもできる。

が、ここ数年は動物保護の観点からこの行為が残酷だと非難を浴びている




こういう問題はたくさんあると思います。

私たちも子供たちの目の前でそれがあったら・・・と考えましたが

子供たちは本などで動物の生態系、食物連鎖といったことを理解しているので

万が一目の前でそれを見てしまってもわかってくれるとここに行くことにしました。


中国国内のどこの動物園でもそうなので

予想はしていましたが

虎さん、近すぎます


DSC00039.jpg

しかもサファリバスの窓、全開だし

窓がくもるからあけるわけじゃない!サービスなのか???


おかげさまなのか何なのか、本当によーく見えましたよ

DSC00038.jpg DSC00042.jpg

虎の手足って大きいのね。

パフパフとしていて肉球もぽちゃぽちゃでした肉球


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村




問題のシーンも思い切り間近で見ちゃいました。

一緒に乗っていたロシアの方数人が生きた鶏を買っていましたので。

たしか生きた鶏1匹50元だったかな?羊は1頭500元だったかな?



四駆の窓から生きた鶏を放り投げると虎がすかさず走りより獲物を捕まえる。
DSC00030.jpg
ニワトリさん、羽ばたいてました


捕らえた獲物は他の仲間から少し離れた場所に持っていって「いただきます」
DSC00029.jpg


虎は鶏の毛をむしってから食べるようで

かなり長い間ニワトリさんはもがいていました


息子達、いつになく静かに見守っていました

何を感じたのか、どう思ったのか、この時のことを一言も話さなかったし

学校の絵日記に虎のことを書くことはありませんでした。

私たちもあえてそのことを聞こうとしませんでした。

日本ではこんなシーンを見ることはたぶんないと思います。

貴重な体験として子供たちの心の奥に何かを感じとってくれているといいのですが。



さてさて話を戻し・・・

虎園には虎以外にライオンもいました。

DSC00035.jpg 

ライオンは立派な鬣が印象的ですね。

ゆったりと余裕を持った行動、尻尾をたてて何かを察知する様子、

さすが百獣の王だと私は思ったのですが

子供たちには虎のほうが人気でした。


なのでサファリバスを降りてから歩いて見学できる虎の檻へ行ってみました。

ここでもやはり鶏を買って虎に与えることが可能です。

なのでここでも生きた鶏が何頭かの虎によって食べられるのを見たのでした。



子供たち、その騒ぎも気になりつつ

檻の近くにいる虎が見れれば大興奮でした

DSC00040.jpg DSC00046.jpg

このホワイトタイガーがやけに気に入ったらしく

「かっこよかった」と言い続けお父さんにおねだりしお土産をゲットしておりました^^;


私が初めてみた動物がこれ。
DSC00048.jpg DSC00049.jpg

たぶん、ライオンと虎のあいのこ。

尻尾とか体の形や柄からなんとなくそれがわかる。

やっぱり虎とライオンって近い動物なんだよね。


こんなにたくさんの虎を見たのは初めてだったし、とっても貴重な体験ができたし

この虎園について色んな意見があることはわかっているけれど

私たち個人としては色んな意味で行ってよかったなと思えた東北虎林園でした。

でも、1回だけでもういいかな。


この日のおかげで子供たちはかなりの虎好きになりました。

いつかこの日のことをどう感じたのか話してくれる日が来るのかもしれません。

そのときはちゃんと耳を傾けて聞こうと思っています。



さぁ、ハルピン旅行記の書き残しも少しです。

次回で終わる・・・かな?


今日も最後まで読んでくださってどうもありがとうございました。
スポンサーサイト
中国国内旅行 | 【2010-01-16(Sat) 23:29:58】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

 

確かに食物連鎖に伴う行動を見て、喜ぶというのは残酷かもしれないけれど、動物の生態や生き物の掟を知る上では、良い場所かもしれないですね。魚が切り身で泳いでいるとは絶対に勘違いしないだろうし。
虎さんは寒いところでもへっちゃらなんですね~。本来雪なんて見ないであろうライオンさんはうーん。。。ちょっとかわいそう?
寅年に良い経験しましたね~。

【2010-01-17(Sun) 18:16:03】 | URL | りょう #xRS1q4qQ | [編集]
寅年初日、1月1日にここに行ってきたんですよ。
動物の生態系は本当に難しい問題ですよね。
日本のあるメディアでここの虎園のこの状況が放映されてかなり問題になったんだって。
日本らしいといえばそれだけだけれど、色んな意見が出るよね。
私だって目の前で行われる行為を息をのんでみてたよ。
でもある意味、いい経験ができたかなと。
だってこんなもの、見たくたってめったに見られないからね。
虎はシベリア虎らしく寒いところでも元気でしたよ^^
【2010-01-18(Mon) 11:10:39】 | URL | ☆ゆげ☆ #- | [編集]
すっかり乗り遅れちゃってました(T ^ T)
残業が終わったらゆーっくり読ませて頂きます!
・・・の前に「働けよ!!?」
お邪魔しました~♪
【2010-01-18(Mon) 21:14:07】 | URL | Qぴ #- | [編集]
ゆっくり残業してビールをたっぷり飲んでからどうぞ^^
読んでもらえるだけで嬉しいです☆
【2010-01-18(Mon) 21:30:13】 | URL | ☆ゆげ☆ #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。